広い部屋で過ごす時間は長くなる

Pocket

本日、読んだ本に「広い部屋で過ごす時間は長くなる」と書いてありました。

視覚や聴覚、触覚におけるさまざまな刺激の条件によって、その刺激を受けている間に感じられる時間の長さが影響を受けることが知られているそうです。

https://www.amazon.co.jp/%E6%99%82%E8%A8%88%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93%E3%80%81%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93%E2%80%95%E9%80%80%E5%B1%88%E3%81%AA%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AF%E3%83%8A%E3%82%BC%E9%95%B7%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E4%B8%80%E5%B7%9D-%E8%AA%A0/dp/4905706424

苦手なことをしているときは時間が長く感じますが、楽しいときはあっという間に短く感じられるのと同じですね。

物は片づけをせずに後回しにしていると、放置されたそのままな物がたまってしまい、片づけが大変になってしまいます。

大変な片づけの時間はとても長く感じます。

「片づけても片付けても終わらない」時間が長く感じられるのです。

片づけが苦手な方や子ども部屋などは、狭い方がおすすめです。

狭い方が物が増えにくく、部屋の範囲が小さいので、管理が行き届きとても楽なのです。

下記の本でも同じ内容が載っています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください