5 HAPPYなお片づけのコツ

Pocket

楽しくHAPPYなお片づけのコツをお知らせします。
今回のテーマは「適材適所」です
適材適所とは、「人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・ 仕事につけること」を表す四字熟語ですが、物にも適材適所があると思います。
決めた未来しか実現しない(サンマーク出版)の著者である本田健氏は
「人生で最大の不幸は、自分の居場所を間違うことだ」とあります。
物の居場所も適所に置くことで、忘れられることなく使われるので活かされます。
物側から見たら、一番嬉しいのは「使うこと」です。
もしも物がおしゃべり出来たとしたら、1年以上着ていない服はあなたに向かって何と言うでしょう。
きっと「いつになったら着てくれるの?早く着てね。」言うのではないでしょうか?
また、物には必ず作った人がいます。作り手の気持ちも「着てほしい」という同じ気持ちだと思います。
製作者の意図通りなるためにも、物がちゃんと使うことができるように、物の適材適所を決めましょう。
P1080350

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください